絶品の出雲そば

島根の出雲そばの特徴は、製粉のとき甘皮まで挽きこむため、色が濃く、香りの高いそばになることです。
冷たいそばは、割子と呼ばれる器に盛られます。

まず立ち寄ったのは松江城近くの「神代そば
昼前の11時すぎに行きましたが、すでに満席で10分ほど待ちました。
IMG_10051_20151103104118c03.jpg

割子は三段が一人前になっています。私は一段を追加して四段いただきました。
つゆは濃い目です。少しだけかければ十分です。薬味は海苔・ネギ・鰹節です。
そばはかためで、濃いそばの味がしました。
IMG_10052_20151103104118d36.jpg

夕方に行ったのがJR出雲市駅近くの「羽根屋
こちらは夕方5時の開店と同時に行きました。
IMG_10101.jpg

昼に食べた神代そばよりは柔らかい感じです。こちらもしっかりそばの味がしておいしかったです。
IMG_10102_20151103104116163.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 海苔 ネギ 鰹節 割子 島根

鳥居がなぜ!?

京都一の繁華街新京極通錦市場の交差地点にある「錦天満宮」です。
1033w.jpg

そして、その鳥居の写真がこちらです。
1031w_20140404065124d3f.jpg

お気づきでしょうか。鳥居の両端がビルの中にめり込んでいます
1030w_201404040651250c6.jpg

この鳥居が建った明治の頃は一帯は繁華街ではなくすべて神社の境内でした。
しかしその後、店が建ち並び、さらに2階建てになると鳥居の上部がつっかえることになるものの鳥居を切るわけにもいかずこのようなことになったそうです・・
よくテレビでも紹介されていますが、ビルの内部を見ると鳥居の端がちゃんとめり込んでいました


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 京都
genre : 地域情報

tag : 京都

こんなところに古墳!

京都嵐山電鉄帷子ノ辻駅を降り、南へ住宅街の中をくねくね歩くと「蛇塚古墳」があります。
この古墳は7世紀頃のもので元々は全長75m巨大な前方後円墳だったそうです。
1025v.jpg

現在は中の横穴式石室部分のみが残っている状態です
同じような古墳として奈良石舞台古墳を思い出しますが、玄室の幅では石舞台古墳より大きいそうです。玄室床面積で比べても全国4位の広さとのことです。
1024v.jpg

この古墳のおもしろい点は、こんな大規模な古墳の玄室なのに細い道の住宅街の真ん中に無造作にある風景です。古墳を取り囲むように放射状に住宅が建ち並ぶ様子は印象的です。
1026v.jpg

案内板に書いてありましたが、上空から見ると住宅がきれいに前方後円墳の形に建ち並んでいるようです。
実に不思議な感じです。
028a.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 京都
genre : 地域情報

tag : 嵐山電鉄 帷子ノ辻駅 地図 京都 奈良

三名閣をご存じですか

京都西本願寺にはいくつかの国宝建築物があります。
門をはいってすぐ見える2つの建物も国宝です。左が御影堂で右が阿弥陀堂です。
IMG_10005_20160620175615804.jpg

南側にある唐門国宝です。伏見城の遺構ともいわれています。確かに派手な装飾は秀吉の好みです。
IMG_10015_201606201756147ec.jpg

下の写真は西本願寺の僧侶の研修施設である伝道院です。そもそもは明治に真宗信徒生命保険株式会社の社屋として建てられました。
これは重要文化財ですが、西本願寺と対照的なイメージのこの洋風建築も一見の価値があります。
IMG_10002_20160620175614851.jpg

そして西本願寺で私が一番見たい国宝建築は飛雲閣です。
金閣銀閣と並んで「京都三名閣」といわれ、秀吉の建てた聚楽第の一部だという説もあります。
残念ながら普段は非公開です。ときどき特別公開されますが、私はこれまで見たことはありません。
塀の上から背伸びして撮影しました。やはり派手な色の装飾絵画が秀吉の好みですね。
P11010385.jpg

ちなみにちょうどこの日BS日テレ船越英一郎の京都の極み」という番組のロケをやっていました。後日このときのオンエアーを見ると、船越さんはこの飛雲閣の建物の中まで入っていました。うらやましい限りで・・
P11010388.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 神社・仏閣
genre : 地域情報

tag : 京都 西本願寺 秀吉 国宝 重要文化財

大阪城は梅満開

大阪城梅林へ行ってきました。
IMG_10238_20170225135725aa7.jpg

ここはいろいろな品種の梅がありますので、見頃が長く続きます。
それでも2月下旬から3月上旬が一番いい時期ではないでしょうか。
IMG_10251_20170225135724744.jpg

私の場合、チューリップひまわりなどの大きな花はアップでも撮りますが、梅や桜などの小さな花のアップは苦手です。
この日も三脚カメラを据えて梅をマクロ撮影されている方も多かったですが、私は梅林を見下ろす高台から撮りました。奥は大阪ビジネスパークのビル群とその手前が大阪城ホールです。
IMG_10250.jpg

ちなみに大阪城天守まで行くと外国(とくに中国韓国系)の方が多いです。
下の写真を撮影したときも私の耳には日本語は聞こえてきませんでした。もしかしたらこのとき天守前広場にいる日本人は私だけだったかもしれません・・
IMG_10266_20170225135722464.jpg



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 外国 中国 韓国 日本語 三脚 カメラ マクロ撮影

迷路のような川

大阪は「水の都」です。大小さまざまな河川が迷路のように入り組んでいます。
下の写真は大阪城の北を流れる第二寝屋川です。
この先のカーブしているあたりで写真右から流れてくる大川と合流します。
IMG_10001_2015082314263448c.jpg

合流した後すぐに堂島川土佐堀川に分かれます。
下の写真は土佐堀川ですが、ここで左に分かれていくのは道頓堀川です。
IMG_10045.jpg

下の写真の先で土佐堀川は再び堂島川と合流します。
川がごちゃごちゃしてますでしょ?この複雑に入り組んだ川の上を従来の橋と新しい阪神高速の橋が網の目のように架かっています。
IMG_10078.jpg

おおげさに表現された「八百八橋」ですが、それ以上にあるような印象です。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 阪神高速

おすすめ建仁寺

京都建仁寺です。
開山は栄西で、京都五山第三位という由緒のある寺院です。。
IMG_20945.jpg

寺が所有している国宝俵屋宗達「風神雷神図屏風は有名です。今は国立京都博物館に寄託されていますが、ここではその複製が展示されています。
IMG_20929.jpg

法堂の天井には畳108枚分の「双龍」図があります。これは2002年に創建800年を記念して小泉淳作氏により描かれました。(最初にこの龍を見たときどこかの「鳴き龍」と勘違いして思わず手をパーンと鳴らしてしまいました・・)
IMG_20944.jpg

現代アートとも積極的に交流し、私が訪れたときもインパクトのある襖絵が描かれていました。
IMG_20931.jpg

場所は阪急河原町駅から10分京阪祇園四条駅から7分という便利な場所です。なぜか八坂神社高台寺清水寺というゴールデンルートからは外されがちですが、ぜひ訪れてください。




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 八坂神社 高台寺 清水寺 国宝 法堂 京都

いつもは大混雑の地区

前回に続き、雪景色京都です。
人の少ない蹴上(けあげ)から東山地区に歩いて移動してきました。
高台寺清水寺あたりは最も観光客の多い場所ですが、この日は寒波の影響かひっそりとしていました。
IMG_10198.jpg

雰囲気のある石畳の石塀小路も静かな佇まい。ドラマのロケでもよく使われる道です。
IMG_10194_20170115160737879.jpg

定番の光景八坂の塔も人が少なめ。いつもこれくらいならもっと訪れるのですけど。
IMG_10207.jpg

このあたりに来たわずかな時間帯だけ貴重な晴れ間がのぞきました。
IMG_10203_20170115160735608.jpg

3年前の雪の時は金閣に行きましたが、下の写真のように大混雑でした。今回の蹴上から東山は人が少なくてよかったです。
IMG_11437.jpg




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 京都 蹴上 東山 金閣

蹴上周辺の雪景色

土日の大寒波で京都市内も雪景色となりました。
そんなとき、金閣嵐山の渡月橋の雪景色がマスコミによく取り上げられますが、私はまず人の少なそうな蹴上(けあげ)へ行きました。

下の写真はかつて疎水をいく船を輸送したインクラインです。ここは桜の名所でシーズンには多くの人で賑わいますが、冬はひっそりしています。
IMG_10154_20170115160110b0d.jpg

そしてここから南禅寺まで歩いてすぐです。写真は石川五右衛門の「絶景かな」で知られる三門です。
IMG_10166_201701151601097d8.jpg

寺の敷地内にある疎水水路閣は有名です。明治に造られましたが、南禅寺の雰囲気と調和しています。
IMG_10169_20170115160108dac.jpg

さらに蹴上から東山地区へと歩き知恩院へ。ここの三門国宝で、現存する三門の中では最大です。
ただこの日は凍結のため閉鎖されていました。
IMG_10179_20170115160107aaa.jpg

御影堂が修理中ということもありますが、日曜日にこの場所がこんなにひっそりしているのは初めて見ました。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ





theme : 近畿地方情報♪(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)
genre : 地域情報

tag : 京都 疎水 三門 国宝

熱田神宮の三大○○

全国にはいろいろな日本三大○○なるものがありますが、名古屋熱田神宮にはそれが2つあります。

そのひとつは「日本三大土塀」の信長塀です。
IMG_10034.jpg

織田信長桶狭間の戦いの前にここへ参拝し、勝利した御礼として奉納したといわれています。
ちなみにあとの2つは京都三十三間堂の太閤塀と兵庫西宮神社の大練塀だそうです。
IMG_10031_201604051309173d5.jpg

もうひとつは「日本三大燈籠」の佐久間燈籠です。
写真ではわかりにくいですが、高さが8mもある大燈籠です。
IMG_10041_20160405130918e3c.jpg
あとの2つの燈籠は京都南禅寺上野東照宮にあるそうです。

三十三間堂や南禅寺には何度も行ったことはありますが、このようなものがあることはまったく知りません。
今度行くときにはよく見てこようと思います。


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


theme : 国内旅行
genre : 旅行

tag : 京都 兵庫 織田信長 桶狭間の戦い 名古屋

プロフィール

なべさん

Author:なべさん
1960年生まれ 男性
兵庫県在住

「北海道はゆるくない」と現地の人たちに言われながらも、こだわりを持ち続け、このブログをはじめました。

なお北海道へは夏に行くことが多いため、内容も夏の風景や情報が中心です。
また京阪神をはじめ、道外の風景や情報も掲載しています。

最新記事
カレンダー(月別)
その日の記事が見れます
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
シンプルアーカイブ
最新コメント
カテゴリ
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
こちらもランキング参加中です☆ クリックしてね~
ブログ村
応援

名寄 北の天文字焼き

札幌レンタリース
bana-hokkai1 ナビ!ちゃお北海道
リンク

このブログをリンクに追加する